中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の

中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の買取査定を行うのが普通です。項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。 Read more 中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の

一度契約した買取をやはりキャンセルしたいという場合、

一度契約した買取をやはりキャンセルしたいという場合、早期であれば無償でキャンセルを受け付けてくれるところも少なくないでしょう。

そうは言っても、名義変更、または、オークション登録がされた後では駄目とか、まだ売却先が決まっていない場合など、いくつか条件が揃わないとキャンセルはできないので、買取契約時に、キャンセルの条件や有効期間をぜひ確認しておきましょう。 Read more 一度契約した買取をやはりキャンセルしたいという場合、

溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる

溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、中古車販売店の方で別のタイヤに交換してから売るのがザラですから、投資するだけもったいないです。 Read more 溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる

買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではな

買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せは結構多いです。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば本人以外でも代理人契約として売却できます。 Read more 買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではな

自分の車はできるだけ高い値段で売りたいものですが、その

自分の車はできるだけ高い値段で売りたいものですが、そのためにはそれなりの交渉の仕方がありますので、簡単に説明します。

まずはじめに、あたりをつけたいくつかの業者から、見積もりを出してもらうようにします。 Read more 自分の車はできるだけ高い値段で売りたいものですが、その

雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、少々査定額が高

雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、少々査定額が高く出るという話があるようです。

当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。 Read more 雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、少々査定額が高